消費者金融でキャッシング

小口でお金を借りる時は消費者金融で借りる、と言うのが一般的になっていますが、ではどこから借りればよいのかで悩んでしまうものです。金利は上限金利での借入れになる事や、初回契約の限度額は50万円以下になる場合がほとんどで、業者ごとの違いがわからなくなってしまいます。

消費者金融の借入れ先をどこにするか決めかねている場合は、一つの判断基準として、口コミサイトやランキングサイトで確認するのも良い方法です。人気のある消費者金融ならば、初めての方でも安心してキャッシングの利用が出来ます。

 

基本スペックはほとんど同じ

124消費者金融の金利や限度額に差がないとは言っても、最低限、金利や限度額については確認が必要です。また、審査時間もどれくらいなのかもしっかりと見ておくべきで、即日融資で借りたい時は、最も重要になる項目です。

消費者金融を利用するなら安心と信頼の大手消費者金融がおすすめです。大手の消費者金融の基本情報を比較すると、アコムとモビットの金利は3.0%~18.0%、融資限度額が最大で800万円で、プロミスやアイフルの金利4.5%~8.0%(プロミスは17.8%)、融資限度額500万円となっています。

このことからアコムとモビットが優れているように見えます。アコムとモビットの金利は他の消費者金融と比べて下限金利が低く、融資限度額は高くなっていますが、業者を選ぶ上ではあまり関係がないと言えます。

なぜなら、消費者金融の初回融資はほとんどが上限金利の適用となり、限度額に関しても多くて50万円程度の限度額となるため、下限金利と融資限度額はほとんど影響しません。

上限金利で比較をしてみると、プロミスが0.2%と僅かに低いですが、実際の返済時にはほとんど気にならない差ですが、少しでも低い金利で借りられるならその方が良いので、僅か0.2%の違いですが、プロミスに人気がある理由の一つのようです。

また、プロミスには「瞬フリ」とされるサービスがあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、土日でも夜でも24時間最短10秒で銀行口座に振り込んでくれる素早いキャッシングも可能となります。

 

限度額は比較材料にならない

中小の消費者金融は別として、大手消費者金融の限度額は多くで500万円、アコムとモビットは最大で800万円となっています。融資限度額だけで見ると、アコムとモビットが優れていますが、消費者金融の限度額は最大の数字を見ても何の意味もありません。

基本的に年収の3分の1以内と言う制限が有るので、限度額に見合うだけの年収が必要になるので、それ以上の融資は受けられませんし、ほとんどの場合、年収の3分の1まで借りられる事はありません。

また、年収が多くても100万円を超える限度額になる事もあまりないので、限度額の上限を比較する事はあまり意味が有りません。

消費者金融の場合には貸金業法の総量規制によって借り入れが制限されますので、限度額に関しては大した比較材料にはなりません。消費者金融同士で比較をする際には、限度額はほとんど気にしなくても良い部分であると言えるでしょう。

 

審査時間は即日融資に影響する

l_270

利用金利や限度額は大きな差は無いので、比較材料としては役立ちませんが、審査時間については重要な比較項目になります。融資を受けるためには審査を受けなければならないので、審査が早い方が単純に考えて融資も早くなる可能性があります。

審査の時間だけで見れば、モビットが早いように見えますが、あくまで「10秒簡易審査」は仮の審査で、正式な限度額などが決まる本審査については、その後に行われます。ですから、借り審査を通ったからと言って本審査も必ず通るというものではありません。

モビットの10秒簡易審査のような仮審査、本審査前の簡単な審査回答は、他の消費者金融でも行っています。インターネット申込の場合、申込をしたあと仮の審査結果が伝えられます。仮審査の結果で融資限度額なども提示されるので、その結果を見て、本審査を受ける事になります。

大手消費者金融は、即日融資に関してもほとんど同じ条件になっています。即日振込をして貰う場合、ほとんどが平日の午後2時までに契約や、振込手続きが完了していれば、指定口座へ振り込みをして貰えます。
 

a22審査時間は大手消費者金融なら最短30分となっているので、時間的に余裕を見て、午前中に申込を済ませれば、当日中にお金を振込んでもらえます。

 
また、大手消費者金融は、全国に無人契約機を設置しており、無人契約機は365日営業しているので、休みが土日や祝日だけと言う方でも、即日融資でお金が借りられるので、休日であっても心配する事はありません。

申込方法はネットから申込をして仮審査を済ませ、その足で無人契約機へ行き、本審査に通れば契約後にカードが発効され、そのカードを使って提携ATMからお金が引き出せるようになります。

銀行カードローンは融資を受けるまでに数日を要しますが、消費者金融ならその日にお金が借りられます。即日融資、当日振り込みが出来る事が消費者金融の強みと言えます。