銀行系消費者金融とは

キャッシングの申込先に銀行系消費者金融と呼ばれる消費者金融や信販系、銀行カードロローンがあります。

「銀行」と「銀行系」どちらも同じような気がしますが、キャッシングの利用にあたっては大きな違いがあるので、その違いをしっかりと理解しておく必要があります。

 

銀行系と銀行の違いはなに?

「銀行」は文字通り一般銀行の事で、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクから、地方に存在する地銀や信用金庫、ネットにあるネットバンクなど、貯金したり引き出したり、口座が持てる銀行そのものを銀行と言います。

銀行カードローンや銀行キャッシングは上記の何れかの銀行からの借入れをする事で銀行カードローンは、消費者金融と比べて審査が厳しい反面、金利が低く借りられるというメリットがあります。

「銀行系」とは銀行のグループに属するノンバンクを言います。ノンバンクとは、いわゆる消費者金融や信販会社の事で、銀行系の消費者金融と呼びます。
 

たとえば三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」や、三井住友銀行グループ「モビット」が代表的な銀行系消費者金融になります。

 
銀行カードローンは「当行が指定する保証会社の保証が受けられる方」が申込条件になっていますが、この保証会社は主に同じグループ内の消費者金融が保証会社になり、保証会社の審査を受けて、審査に通らなければ融資が受けられない事になっています。

 

銀行であることのメリット

銀行そのものからの借入する場合は、銀行法が適用されるので、貸金業法による制約は受けません。配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申込める銀行カードローンや、借入希望額が300万円までは所得証明を不要とする、カードローンもあります。

これが銀行系になると、貸金業法の対象になるので、年収が必要になるため、無収入の専業主婦の利用は厳しくなります。

また、所得証明についても50万円以上の借入希望額の場合や、他社での借入残高と借入希望額の合計で100万円以上の契約となる場合に、審査で所得証明の提出を求められます。

銀行と銀行系では適用される法律や審査内容が違うので、申込条件や融資条件で大きく違ってきます。