無利息期間を利用する

大手消費者金融はほとんどのところで「無利息機関サービス」を実施しています。「無利息期間サービス」は指定された期間内であれば利息が不要といういサービスです。

主に新規顧客を対象にしたサービスで、新たな顧客獲得のために「無利息期間サービス」利用できます。

無利息期間サービスは業者にとっても大きなメリットがある

l_066大手消費者金融をはじめ、たくさんのキャッシング会社で無利息サービスが利用できるようになっています。

このサービスは、新規顧客の獲得を狙ってのサービスで、無利息サービスは短期的に見て利益の上がるものではありません。

ただ、新規顧客を獲得するという観点からみれば、業者にとってかなり大きなメリットがあります。

通常のキャッシングやカードローンでお金を借りると、翌日から利息が発生しますが、無利息期間中は利息が発生しません。ですから期間内であれば借入たお金だけの返済をすればよく、利息は不要になります。

 

無利息期間サービスを比較する

SMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」はメールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要ですが、初回の借入時から30日間の無利息期間が利用できます。また会員登録をすれば、ポイント数に応じて再度無利息期間が利用できるようになります。

a22三菱UFJフィナンシャルグループ「アコム」や「アイフル」は、契約時から30日間の無利息サービスが利用できます。その他ノーローンは初回のみだけでなく完済が終わった翌月から何度でも7日間無利息期間が利用できるので、短期返済で借りる場合はおすすめです。

 

無利息期間内に返済できなかった時はどうなる?

無利息キャッシングの無利息期間は、ほとんどが契約から1か月、初回の借入から1か月となっています。この1か月間というのは案外短く、「当初の予定が狂い無利息期間内に返済が出来なかった」という事も十分に考えられます。

仮に、無利息期間サービスが目的で借入れをしたのに、サービス期間内に完済できなかったという事もありますが、それに対するペナルティは発生しません。

無利息期間が終わった後は、日にち計算で通常の金利を支払うだけです。例えば無利息期間が過ぎて10日後に完済したとすれば、10日分の通常金利を支払うだけです。